桂文枝と不倫したい!夏目恵美子や紫艶のように一般女性が近づく方法

桂文枝不倫

落語家や芸人というのは、女遊びも芸の肥やし、と言われているくらい、愛人を作るのは普通のことのように考えられてきました。

ただ、桂文枝さんの不倫騒動はちょっと方向性が違っていたようです。

桂文枝さんは色々愛人を作っていた、というよりも割と長い年月を同じ女性と過ごしていたようです。

この点だけ聞くと

「なんだか一途?」

という印象を受けます、それもまた違います。

桂文枝の愛人は2人。

夏目恵美子さんと紫艶さんという女性です。

それぞれが別の時期に不倫騒動となりました。

  • 不倫騒動の概要や桂文枝さんと不倫したい!
  • もしくは落語家と不倫したい!

という人へ向けて、一般女性が落語家へ近づく方法をお伝えします。

 

桂文枝の不倫騒動についてまとめ

桂文枝の不倫相手は2人いるので、それぞれの女性について詳細をお伝えしていきます。

どちらも、

どうやら売名?

リベンジ?

など色々憶測を呼んでいますが、不倫をしていたことは事実のようです。

まず桂文枝の不倫騒動について・・・

  1. 不倫のお相手
  2. 当時の不倫報道内容
  3. 報道を受けての桂文枝さんの対応
  4. 桂文枝の不倫騒動の結末

上記4点を、順を追ってみていきましょう♪

最後には今回の件から学び取れる”落語家と不倫する方法”もお伝えしますよ♪

不倫のお相手は?

最初に不倫騒動が勃発したのは、演歌歌手の紫艶さん。

 

 

この1年後には、一般人女性の夏目恵美子さんが不倫報道されました。

紫艶さんの場合は、売名が疑われ、夏目恵美子さんの時にはリベンジが疑われました。

そう思われても仕方がない状況が、報道内容からわかっています。

 

当時の不倫報道内容

先に不倫報道された紫艶さんは、2016年2月にFRIDAYで流出写真が報道されました。

その写真は、桂文枝さんと紫艶さんが仲睦まじく旅行しているもので、紫艶さんの頭にキスをしている桂文枝さんが写っています。

紫艶さんが18際の時に不倫が始まり、大阪・梅田にあるマンションや桂文枝が必ず泊まるニューオータニで逢瀬を重ねていたそうです。

報道当時紫艶さんは38歳ということをかんがえると、実に20年も関係を続けていたことになります。

しかも、「紫艶」という芸名も桂文枝さんがつけたそうです。

FRIDAYに載った写真は古いものばかりで、どうやら紫艶さんが流出させたのでは?

と考えられています。

理由としては、紫艶さんの男性経験は桂文枝のみだと紫艶さん本人が言っていて、別れ話のもつれでわざとしたとしても不思議ではないからです。

また、FRIDAYでは翌週も翌々週も桂文枝さんの不倫写真をリークしました。

1つは桂文枝さんとのLINE写真、もう1つは紫艶さんが不倫関係中に桂文枝さんから毎月お手当をもらっていたことがわかる通帳の写真です。

さらに紫艶さんは本名である『中江ひろ子』名義のFacebookアカウントで、桂文枝さんの全裸写真まで公表しました。

ただ、2日後にはアカウント共々消されていたのですが、今度は紫艶名義のFacebookアカウントに全く同じ全裸写真が…。

これは完全にリベンジポルノと言っても過言ではありません。

一方でその約1年後に、今度は週刊新潮にて新たな女性の存在が暴露されました。

神戸で日本舞踊の先生をしています。

一般人の女性なので仮名ですが、夏目恵美子さんと報道されました。

どうやら、この報道は目恵美子さんが自ら告白したようで、桂文枝に対する怒りすら感じられます。

2017年当時、夏目恵美子は56歳。

暴露するきっかけは、前年にFRIDAYが報じた不倫報道を読んだことでした。

桂文枝との関係は8年に渡っていた夏目恵美子さんは、桂文枝から一銭もお金をもらったことがないというのです。

自分は都合よくタダで相手を楽しませていただけだったんだ、と気付き、週刊新潮にこの話を売った、というのは報道当初から言われています。

また、報道によると2人の出会いは、2008年12月で「将来介護をして欲しい」という口説き文句に負けたそうです。

不倫を始めた時は、1日に3回もメールがきたり、写真がきたのに徐々に桂文枝さんに飽きられたと語っています。

夏目恵美子さんの場合は、桂文枝さんに恋をしていた状態だったので、とても傷ついたようです。

 

桂文枝の対応は?

どちらの報道の時にも桂文枝さんは

「知らない」

「わからない」

と言い続け、挙句紫艶さんの時は

「あれで不倫と言われるのは心外」

とまで言っています。

しかし、夏目恵美子さんも紫艶さんもとても詳細に、桂文枝さんとの不倫生活を語っていたので、信ぴょう性は高いです。

ただ、桂文枝は特に何も対応はせず、自体が沈静化することを待っていただけでした。

桂文枝の不倫騒動の結末は?

結果的に紫艶さんはFRIDAYのグラビアを撮ったり、いろんな取材に応じたりなど仕事を増やしていました。

演歌歌手という肩書きでしたが、実質芸能界を引退していたようなものだったので、インターネットでは「売名だった」と言われるように・・・。

その後、紫艶さんはAV女優としてデビュー

夏目恵美子さんに関しては、桂文枝さんへの復讐を果たせて良かった、と思っているのかもしれません。

 

どうやったら落語家と不倫できる?

夏目恵美子のように一般女性だったとしても、落語家と不倫することはできます。

ただ、お近づきになる方法を普通は知らないので、ここでご紹介していきましょう。

落語家と不倫されたい方の参考になれれば幸いです♪

落語家とお近づきになる3つの方法

その①芸能関係、マスコミ関係にコネを作る

最も簡単なのはこの方法です。

例えば、合コンなどで芸能関係、マスコミ関係の男性と知り合うなどです。

その他の方法としては、芸能人がよく集まるお店というのは限られているので、そうしたお店に出入りをすることです。

 

その②ファンレターをコツコツ出す

意外に、芸能人はファンレターを読んでいるようです。

落語家も同じで、時間はかかれど、きちんと読んでいる人がほとんどです。

落語家にファンレターを出す人はあまりいないようなので、手紙の中に自分の写真を入れるなどして目立たせるようにしましょう。

1回のファンレターでは記憶に残るのも難しいですし、ミーハーな印象を与えるだけなので何度もコツコツと出すことがぽいんとですよ。

 

その③誰かを弟子に送り込む

落語に興味のある親戚がいると良いですね。

この方法でお目当ての落語家の弟子にさせたり、誰でもいいから落語家の弟子ににさせるなどしてください。

弟子を取らない落語家はほぼいないということなので、親戚として関わっているうちに…という期待ができます。

 

まとめ

桂文枝さんといえば、紫綬褒章を受章するなど、とても落語の分野で活躍している印象が強いかもしれません。

しかし、男女というのは立場関係なく好きになるものなので、不倫をした2人の女性は桂文枝さんのことがとても好きだったという印象です。

最終的には、ちょっと良い別れ方ができなかったようですが、70歳を過ぎても女性と不倫ができるくらい元気なのはわかりました。

落語家の人は大多数が、中高齢なので、不倫したい女性にとっては、狙い目かもしれませんね。


経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように出会える確率74.5%のハッピーメールと、10年以上の実績があるPCMAX、そしてサイバーエージェントグループ運営のタップル誕生です。

累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


サクッと無料アプリで出会いたいならタップル誕生

タップル誕生の特徴

  • サイバーエージェントグループ運営なので安心!
  • 年齢認証完備なのでウソのない男性ばかり。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 完全匿名で利用可能。
  • スマホでシンプルな使い心地。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


▼是非応援ポチをお願いします!▼

ふりんちゅ!ライターのmyui*結婚7年目で不倫歴3年。

特に夫に不満があるわけじゃないけど、ドキドキワクワクが癖になって楽しく不倫活動中♪

『いつまでも美しい妻であるためにも不倫は必要!』だと思っているので、共に不倫活動する女性を全力で応援します*