不倫とわかってながらも田中萌が先輩アナウンサーを相手に選んだ理由

2016年12月、週刊文春でテレビ朝日の田中萌アナウンサーの熱愛報道が報じられましたよね。

しかも相手はテレビ朝日のアナウンサーで同じ情報番組のレギュラーを務めていましたが、男性側が既婚者であったことから不倫であることが報じられました。

不倫をした2人の結末はどうなったのでしょうか。

今回は、話題となった田中萌さんの不倫騒動についてまとめました。

田中萌さんの不倫について振り返りまとめ

まずが、田中萌さんの不倫騒動について振り返り、まとめてみました。

当時の報道内容と併せて、事の顛末がどうなったかなど、みていきましょう。

田中萌さんとは?

田中萌さんは1991年6月29日生まれの現在26歳

山形県山形市出身で浪人生活を経て明治大学政治経済学部に入学。

大学在学中はADのアルバイトしながらテレビ朝日のスクール「テレビ朝日アスク」に通っていました。

その後2015年にテレビ朝日にアナウンサーとして入社しています。可愛らしい容姿とアナウンス力で人気があり、1年目で朝の情報番組「グッド!モーニング」のサブ司会に抜擢。

キュートなルックスでスタイルもよく男性女性問わず人気を博していました。

お相手は?

田中萌さんの不倫疑惑のお相手は、同じくテレビ朝日のアナウンサーの加藤泰平さんです。

加藤泰平アナウンサーは、1983年生まれで早稲田大学第一文学部卒業後、2006年にテレビ朝日にアナウンサーとして入社しています。

体育会系で俳優の伊藤英明さん似のイケメンアナウンサーとして有名で、「グッド!モーニング」の他にフィギュアスケートの実況等も担当していました。

2014年に一般女性と結婚したことを発表しています。

加藤アナウンサーの結婚相手は大学時代所属していたサッカーサークルのマネージャーではないかという噂で、奥様もとても美人のようです。

加藤アナウンサーが既婚者なので今回不倫だと報道されてしまったわけです。

当時の報道の内容

田中萌アナウンサーと加藤泰平アナウンサーの不倫報道は、2016年12月の週刊文春にて報道されました。

記事の内容は11月の「グッド!モーニング」の打ち上げ終了後に加藤アナウンサーが田中アナウンサーの自宅マンションを訪れ、翌朝に帰宅する様子が撮影されたものでした。

当日「グッド!モーニング」の打ち上げの二次会が終わったのは日付が変わる時間で、終了後それぞれ参加者はタクシーで帰路についています。

加藤アナウンサーは他の共演者と一緒にタクシーに乗り込み一度自宅でタクシーから降りましたが、そこから再び別のタクシーで田中アナウンサーの自宅に向かったそうです。

警戒するかのように少し離れた場所でタクシーを降り、マンションに向かっていました。

それから加藤アナウンサーがマンションから出てきたのは翌日早朝。

既婚者である加藤アナウンサーが田中アナウンサーのマンションに宿泊していたので、不倫お泊り愛としてスキャンダルになりました。

そして記事の内容で衝撃的だったのは、加藤アナウンサーを見つめる田中アナウンサーの写真です。

うっとりした表情で加藤アナウンサーを見つめる眼差しは完全に恋する乙女の目をしています。

また、甘えるような仕草が撮られた写真もありました。

この写真からも2人は完全に恋人同士だということがわかります。

2人の関係はもともと局内でも噂されていたようです。

別々に出社してきたのに加藤アナウンサーの朝食のメニューを田中アナウンサーが知っていたり、2人が誰もいない会議室から出てきた目撃情報があったりしたそう・・・。

噂では、加藤アナウンサーがフィギュアスケートの取材でカナダに行った際にはラブラブなラインを交わしており、その内容は田中アナウンサーの「嫉妬する程好きなの。」というメッセージに対し、加藤アナウンサーが「俺もだよ。」と返信していたと報道されています。

いつバレてもおかしくない程2人は盛り上がっていたようですね。

 

また、この不倫報道の文春砲は事前に予告されていたものだと噂されています。

この報道がされる1週間程前に、2016年ユーキャン新語・流行語大賞で「ゲス不倫」でノミネートされた週刊文春の記者に「グッド!モーニング」が取材した際、次の文春砲について質問をしています。

その時の様子をスタジオで田中アナウンサーと吉野真治アナウンサーが再現していたのです。

以下がその時のやりとりの様子です。

田中アナ(番組ディレクター役)「次の文春砲はいつですか?」

吉野アナ(週刊文春記者役)「まあ、来週号で1個大きいの、あるんじゃないですか?」

田中アナ(番組ディレクター役)「え?内容は?」

吉野アナ(週刊文春記者役)「ん・・・現場を震撼させるような・・・。」

田中アナ(番組ディレクター役)「現場?ちょっとヒントをいただけませんか?」

吉野アナ(週刊文春記者役)「ん・・・。何ですかね・・・。」

田中アナ(番組ディレクター役)「なんでしょうか?」

吉野アナ(週刊文春記者役)「ん・・・。最後に逃げられたくないんで、勘弁して。」

この時点で文春は「グッド!モーニング」内での不倫報道について予告していたのではないかと言われています。

確かに上記の会話の内容を見ると、事前通告しているかのようですね。

それにしても田中アナウンサーはこの時はまさか自分がターゲットだったなんて思ってもみなかったでしょう。

自分で再現をして予告をしてしまうなんて皮肉なものですね。

田中萌さんの対応は?

週刊文春の報道がでる前の週に田中アナウンサーと「グッド!モーニング」のチーフプロデューサーの2人の男性が深夜の青山のファミレスに同席していたのが目撃されています。

恐らくこの時に、次の週の週刊文春に不倫のスクープ記事が載ることを知ったようです。

その時の様子は、田中アナウンサーは涙目でうつむき、男性の1人は苛立った様子でタバコを吸い、もう1人はの男性は頭を抱えるようにしていたそうです。

そして田中萌さんはこの件についての週刊文春の取材に対して、

「すみません。私からは何もお話しできないんです」

と返答をしています。

  • お付き合いをされているのか?
  • 既婚者ということはわかっているのか?

という質問にも頭を下げるのみで否定をしていませんでした。

確実にデマだったら堂々と否定するはずなので、”何も答えない”ということは信憑性がありそうです。

また不倫相手の加藤アナウンサーの方も「会社を通して下さい」と答えるのみでこちらも否定しなかったのです。

そのことから2人がお泊りをしていて不倫関係にあったのは確実ではないかと言われています。

田中萌さんの不倫の結末はどうなったか

週刊文春の発売日であった2016年12月8日の「グッド!モーニング」には田中萌アナウンサーと加藤泰平アナウンサーの姿がありませんでした。

前日の12月7日には番組内で、翌日の田中萌アナウンサーのコーナーの紹介があったにも関わらずに出演していなかったのです。

番組は2人がいないことには何も触れずに進行していきました。

番組表からも2人の名前は消えていたのです。

田中アナウンサーと加藤アナウンサーの不倫報道について、テレビ朝日は「プライベートなことなので、お答えは控えさせていただきます」と答えたのみで、問題について言及は避ける形となりました。

しかし、「グッド!モーニング」の出演がなくなったことに関しては

「報道・情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」

と説明しています。

テレビ朝日は言及は控えたもののかなりの対応の早さでした。

またこのノーコメント対応にキレた有名人がいました。

以前不倫報道のあった乙武洋匡さんです。

乙武さんは自身のツイッターで

「「プライベートなことですので」って、どの口が言ってんだよさんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか。」

とツイートしています。

自身の不倫を報道したマスコミに対して、自分自身はダンマリかよとご立腹だったようです。

しかし世間の反応のほとんどは

「乙武さんが言える立場なの?」

という否定的なものが多かったようです。

その後の2人ですが、田中萌アナウンサーは騒動後「グッド!モーニング」に復帰することはなく、代役として島本真衣アナウンサーが出演しています。

その後テレビで姿を見ることはしばらくなかったのですが、2017年の3月からは深夜枠のバラエティ番組に田中萌アナウンサーのみ出演しています。

その後も田中萌アナウンサーは、地上波ではバラエティ番組で少しずつ露出があるようになりました。

そして2018年の4月にAbemaTVの報道番組「Abema Morning」のメインキャスターに抜擢されています。

さすがに地上波では難しかったと思いますが、不倫騒ぎがあったにも関わらず報道番組に復帰しているなんてすごいですね。

これについて世間は田中萌アナウンサーのことを

「図太い。」「全然反省していない。」「腹黒い女。」

と批判的な意見が多いようです。

一方、不倫報道のお相手の加藤泰平アナウンサーは「グッド!モーニング」降板後はテレビ出演はありません。

しかしテレビ朝日は退社していないようで、スポーツ局に異動になったのではないかと言われています。

入社10年以上にも関わらずスポーツ局では雑用をしているとの噂もあり、窓際社員になってしまったよう。

スピード復帰した田中萌アナウンサーとは対照的な処遇となっておりますが、もともと既婚者なのは加藤アナウンサーなので、不倫の代償は大きかったようです。

ちなみに奥様と離婚したという情報はなく、あのような報道があったにも関わらず今でも結婚生活を続けている可能性が高いです。

もしかしたら現在は信頼を取り戻している期間かもしれませんね。

田中萌さんが先輩アナウンサーを相手に選ぶ理由とは

田中萌さんは可愛く清楚なイメージでアナウンサーとしても、とても人気がありました。

テレビ朝日上層部からの評判も良く、アナウンサーの時期エースともいわれる程に。

しかし不倫スクープのダメージはかなり大きく、地上波のレギュラー番組を失う結果になってしまいました。

また、そんな評判も上々だった田中萌アナウンサーですが、別の報道で加藤アナウンサーを含む4股疑惑も出ており、しかも相手は全員テレビ朝日局内の男性だったと噂されています。

実は清楚な見た目とは裏腹にとてもしたたかで肉食系女子ではないかと言われていますが本当でしょうか?

何故田中萌アナウンサーは既婚の先輩アナウンサーを相手に選んだのでしょうか?

田中萌アナウンサーは山形県出身の純朴な少女で、前述した通り上京した後もアルバイトやアナウンススクールに励んでいました。

アナウンサーとして入社したものの、性格は人見知りで人前でしゃべるのももともとはそれほど得意ではなかったようです。

そんなどちらかといえば内気な性格であった田中アナウンサーが、人前で喋る仕事についたことでプレッシャーやストレスは少なからずあったのではないでしょうか。

そんな時同じ職場の先輩で頼れる存在が加藤アナウンサーだったのかもしれません。

同じ職場で過ごす時間も長く、ミスをした時にフォローしてくれたり、相談に乗ってくれたりして近い存在だったので既婚者にも関わらず惹かれてしまったのでしょうか。

一般的にも職場で不倫が多いのは仕事でミスをして落ち込んでいる時に励まされたり、一緒に仕事を手伝ってくれたりすることがきっかけでときめいてしまい、そこから関係が始まってしまったということが多いのです。

田中萌アナウンサーもそうだったのかもしれません。

「肉食系」「したたか」

と言われている田中アナウンサーですが本当は繊細で傷付きやすい性格ではないでしょうか。

そんな彼女がプレッシャーやストレスを感じた時に心の拠り所となったのが身近にいた加藤アナウンサーや他の局内の男性達だったのではないかと推測できます。

田中萌さんの不倫についてまとめ

田中萌アナウンサーと加藤泰平アナウンサーの不倫報道によって、2人はかなりの痛手を負ってしまい・・・。

世間では不倫は悪いこととされているので、報道に携わる身として地上波の番組からは姿を消してしまう結果となってしまいました。

しかし仕事のプレッシャーに悩む女性は現在多いと思います。

そんな時に同じ職場で頼れる上司や同僚がいたら頼ってしまうという気持ちはとてもわかります。

例え不倫となってしまっても身近に恋人を作るということは、自分の仕事のモチベーションを保つ為に必要ということもあります。

キャリアウーマンとして生きる女性が増えた現在、田中アナウンサーのように職場不倫で恋に落ちてしまうケースは珍しくないと思います。

世間には叩かれてしまった田中萌アナウンサーですが、徐々にメディアへの露出もしてきています。

世間から叩かれても仕事を頑張っている田中アナウンサーをこれからも応援していきたいですね。

経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように出会える確率74.5%のハッピーメールと、10年以上の実績があるPCMAXです。

累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


▼是非応援ポチをお願いします!▼


不倫で悩むあなたへ……

ふりんちゅ!ゲスト投稿記事です。

ふりんちゅ!では様々な方からの執筆記事を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。