元出会い系社員が語るサクラや業者の見分け方!対策完全マニュアル

出会い系サクラ業者見分け方

不倫相手やママ活男子を探す時はハッピーメールやPCMAXなどのサービスを利用している私ですが、同じように不倫や浮気やセックスフレンドなど、異性のお相手を探している知り合いによく聞かれるのが

出会い系アプリとか出会い系サイトってサクラとか業者に騙されたりしないの?

といったもの。

あなたには嫌な目にあったりしてほしくないのでこっそり教えますが…

正直、普通にサクラや業者らしい人はたくさんいます。

っていうか、ぶっちゃけて言いますと、私自身が出会い系サイトのサクラをやっていました。そして、そのまま気に入られた?のか、その出会い系会社の社員になってしまったという、ちょっと変わった経歴?がありますw

そんな私が言うのもなんですが、出会い系サイトにサクラや業者はいます。

やっぱりか!と残念に思いました?

でも、実は出会い系のサクラにも意味があるからこそ、出会い系業者もサクラを雇ったり演出したりするわけです。こちらからしたら、「そんなの知らねーよ!」というものなんですが……。

今回のブログ記事では
出会い系アプリやサイトなどのサービスに、サクラや業者の見分け方についてやその対策方法、さらにはなぜ業者が出会い系運営でサクラを用意するのかその意味についてなどなど、元サクラ経験者でもあり、出会い系会社の写真だった私の経験に基づいて紹介していきます!

この記事を読めば、あなたはサクラや業者に悩まされることがなくなるのはもちろん、好みのお相手と楽しい時間を過ごせる確率がアップすること間違いなしですよ!

出会い系アプリやサイトにサクラや業者らしい男性がいる意味

そもそも何故サクラや業者がいるのでしょうか?

サクラ=女性というイメージを持っている人も多いかと思いますが、男性のサクラや業者も実はたくさんいるんですよね。

世の中の出会い系アプリやサイトにサクラ・業者が蔓延る意味は大まかにわけて以下の3通りであると私は思っています。

  • 運営側が儲けるため
  • 女性会員の動きを活発化させるため
  • 他サイト・サービスへの勧誘や誘導

1つずつ、詳しく説明していきますね。

個人レベルで怪しい人間や悪い人間もいるけれど、だいたいのサクラや業者はこの3つ分かれるはず。

意味①:運営側が儲けるためにサクラを雇う

サイトやアプリを運営している会社が儲けたいがために、サクラを雇うケースは特にブラックな出会い系サイトにありがちです。私が考えるブラックな出会い系サイトというのは「サクラしかいない出会い系サイト」です。

「サクラがいる」じゃなく、「サクラしかいない」です。これは超絶危険。絶対に避けたいです。(笑)

ただ、運悪くその出会い系サイト&アプリに登録して利用をしてしまうと、サクラしかいないのでそもそも出会えるわけがないのですが、それでも会えると信じてどんどん課金していくんです。ヘビーな会員の人たちは……。

そうなると、出会い系運営側もどんどんお金を稼ぎたいので、サクラをたくさん雇って会員の人たちにお金を使わせる。出会い系サイト&アプリにサクラがいるのは単純にお金になるからと言えるでしょう。

メールするのにさえお金を払っているからサクラはいない!と思ってしまいがちですが、逆なんですよ。

サクラだけを準備して、たくさんメールさせ、お金を払わせようと考えているのが、ブラックな出会い系サイトです。

意味②:女性会員の動きを活発化させるため

出会い系サイトやアプリは男性が有料、女性は無料であることが多いです。

なので、出会い系アプリやサイトというと「男性が利用している」というイメージが強いかもしれませんが、実は女性も多くの方が利用していて、そこで出会い、付き合い、結婚する方も多くいらっしゃいます。

ただ、出会い系サイトにも目的が色々とあり、男性はどちらかというと下心が表に出やすいので、お金がかかってもお相手を探そうと課金をしたり、メッセージを送ったりなど、比較的活発に動いてくれます。

その反面、女性はほとんど利用をせずに、登録だけしてすぐに退会してしまう…というパターンが多いんですね。

何故、女性がほとんど相手を探したりメールのやり取りをせずに退会してしまうか。

要は好みの男性がいないから。

これにつきます。

男性はわかりやすく「スタイルさえよければ、ノリさえよければ、顔や仕草なんて全然気にしない!」というタイプの人が多いんです。

ヤリたい人が多いから(笑)

けど、そんな出会い系の男性に対して、女性は恋愛だったり、ドキドキだったり、セックスフレンドを求めていたとしても、わりと相手男性の顔や性格、会話の相性などは気になりますよね?

そんな時に

  • 「お金ないんだよね~」
  • 「君、どうせサクラでしょ?」
  • 「ポイントがもったいないから直接LINEしよう!

なんて初コンタクトで言われたら、ますます引いちゃうのに、そういう男性が多いのも事実。

ああ、会えると思ったけど好みじゃないやつばかりだわ。やーめた

って、女性は退会しちゃう。

そんな現状の中、運営している側からしたら、素人の女性会員がいなくなってしまったら、サクラだけのサイトになってしまうので困りますよね。

そこでなんとか女性の素人さんにもしっかりと動いてもらおう!ということで男性のサクラが必要になるんです。

男性のサクラ。マジで結構います(笑)

やめようかな…と思った時に、顔もイケメンでメールの感じも紳士的。直接のやり取りの強要もなければ私に全て合わせてくれる…なんて思ったら、「この人と会ってみたいかも!」と思ってやり取りを始めちゃいますよね。

そういったように、女性会員を引き止めておくために、男性サクラを使っている出会い系業者も多くあります。

意味③:他サイト・サービスへの勧誘や誘導

最近特に増えているのが、他の出会い系サイトや出会い系サービスへの勧誘、誘導のためにサクラを雇うケース。

どういうことかというと……
  1. 出会い系サイトAに登録する。
  2. 男性からアプローチがくる。
  3. いいなと思ってやり取りをしている。
  4. 男性「Bっていう出会い系サイトのほうが面白いよ。あっちでやり取りしようよ」
  5. そのまま2人で出会い系サイトBに登録。

サクラというよりは業者であることが多いのですが、男性になりすましてという部分ではサクラと変わりありませんよね。勧誘はネットワークビジネスであったり、宗教などもありますが、他の有料出会い系サイト(しかもブラック)である場合が多いです。

簡単に言えば、うちの生け簀にも顧客がほしい!という気持ちから、健全なアプリ・サービスにわざわざ素人を装って登録して誘導してくるんですよね。

昔なら迷惑メール1通飛ばせば簡単にたくさんの女性に登録してもらえていたというのもありますが、今は規制も厳しくなり、知らないメールに書かれたURLなんてクリックする人ほとんどいませんからね…。出会い系サイトも顧客獲得に必死なんです。

まあ全てのサイト・アプリにサクラや業者がいるわけではないけれど、怪しい人がいるのは嫌よね。次の項目ではそんなサクラや業者に騙されないための見分け方を徹底的にレクチャーするわ!

サクラや業者・要注意人物の見分ける11のポイント

出会い系サクラ業者見分け方

サクラや業者さんと話すだけでも「楽しい時間が過ごせたからよかった」と思えるならまだいいのですが、正直そこまで悠長にしてもいられません。

元出会い系サイトで実際にサクラをしてそのまま社員になった私が。

さらに、出会い系サイトやアプリなどのサービスを利用して10年超!不倫する前からお相手探しに出会い系サイトを使っていた私が!

サクラや業者をサクッと見分ける11のポイントをお教えします!

併せて「こういう男は素人でもやめたほうがいい」という要注意人物の見分け方も教えますね♪

その1:登録してすぐにメールが来る

基本中の基本!登録してすぐにメールが来たら要注意です。

よく考えてみてくださいよ。まだプロフィールも中途半端の状態で「好きかもしれないです!」「初めまして!すごくタイプです!」とかありえないっつーの!

最近は新規登録した女性がいるというお知らせが男性側に届くサービスも多いので、中には本当にタイミングが合って登録直後にメールをくれる男性もいるかもしれませんが…それでも写真何も登録していない状態でタイプとか言われても、ハァ?と思ってしまいますよね。

これは男性のサクラであるパターンが多いです。

その2:イエスしか言わせないようなメールを送ってくる

出会い系のサクラや業者の人ってメールの返信ものすごく早かったりするんですよ。よくこんな長文数秒で送ってこれるよな!というぐらい。

何故メールの返信がそんなに早いのかというと、メールの返事はすでにテンプレート化されているからです。最初に送るメールはこれ、次に返事がきたらこれ、という風にもう送るメールが決まってしまっているんですよね。

また、「うん」とか「はい」とか、こちらにイエスしか言わせないようなメールを送ってくるのもサクラや業者の特徴です。返事がテンプレート化しているから、「うん」「はい」以外の返事を送られると面倒なんですよね。だからイエスしか言わせない内容のものを最初から作っているんです。

テンプレート例
  • 「今日は暑かったね〜!さっきまで仕事してて今帰りなんだけどアイス食べながらメールしてるよ♪アイスって好き?」
  • 「写真見たけどすごくかわいいね〜!今ってお昼だよね?今度一緒に行くランチのお店なんだけど俺が決めていいよね?」

おかしいな?と思ったらあえてこちらからも質問をしたり、内容と全く違うことを聞いたり話したりしてみてください。低レベルの出会い系サクラだと、それでもテンプレートで返事をしてくることがあります(笑)

その3:返事をしていないのに何度もメールしてくる

「初めまして!プロフ見ました!」などの内容で最初の1通目を送ってくれるのはいいのですが、こちらが返事をしないと「諦めきれなくて」「どうしてもダメですか?」「僕のこと好みじゃないですか?」とか何度もメールを送ってくるのもサクラや業者の特徴です。

最初はこちらもメールをもらえるのが嬉しいので何度かやり取りすることもありますが、家事や仕事などでどうしてもスマホを見ている時間がないこともありますよね。そうするとメールが途切れますが、その時でも「何かあったの?」「そういえばこないだ…」と意味もなくメールをしてくるケースもあります。

一旦会話が終わったのに、まだまだ!と言わんばかりにメールをしてくるんですよね。追い飯ならぬ追いメールです。うざいっつーの!

たとえサクラや業者でなかったとしても、そこまでしつこく連絡を取りたがる相手は不倫や遊び相手には適していません。

その4:イケメン&ハイスペックすぎる

やっぱりイケメンだったりスペックが高いと会いたいと思ってしまいますよね!また、プロフィールに書いた通り・自分の思っていた通りのお相手から連絡がきたら「やばいかも〜♪」と思ってしまうのは当然です。

自分から探して好みにぴったりのお相手を見つけたとかならまだわかりますが、こちらが何もせず待っているだけの状態でそんな白馬の王子様のような相手はやってきません。

出会い系の業者やサクラは、しっかりとプロフィールを書いている女性をみつけたら、そこに合わせて自分のプロフィールや画像などを変えて、アプローチしてくることも。

中にはプロフィールもまともに完成していない状態から「あなたの好みにぴったりだと思います!」なんてメールしてくる男性もいました。自分でそんなこと言ってくる時点で意味がわかりませんが、あまりにぴったりすぎる、話がうますぎる…と思ったら警戒しておいたほうが良いでしょう。

その5:やけに他の手段を使ってやり取りしようともちかける

勧誘・誘導系に多いのがこのパターン。「LINEでやり取りしよう!」というのが最近では特によく見かけます。

これはどちらかというと、サクラというより業者系に多く、上記したように「別のサービス勧誘」を目的とした業者であることがあります。

待ち合わせなどではLINEの方が早かったりもするのですが、そもそもLINEなどを交換しなくてもやり取りができるから良いんですよね。あまりに早くLINEへの移行を促してきたり、執拗にこだわりすぎる相手には注意しましょう。

「主人にバレたら困るから」と話しているのに、メールにお金がかかるからLINEで!と強要してくるお相手は素人であってもあまり会いたくはありませんしね……。

その6:「会いたいけど、でも…」と理由付けしてくる

最初からメールだけのお付き合いを希望していないなら、お相手と何度かメールをしていると会いたくなった!という人がほとんどだと思います。

普通はそこで会う段取りを踏んでいくわけですが、会いたいと話した瞬間に「自分も会いたいけど、でも…」と、何かと理由をつけて会えない方向に持っていく人はサクラや業者の場合が多いです。

何故かって?

出会い系のサクラや業者は会うことが目的ではないからですよ!お金を落としてもらうのが目的です!

特に自分から「会いたいです!」とメールしてきたのに、実際に会う話になると急に話をそらしてくるような人は要注意です。

その7:自称芸能人、芸能人のたまご、有名人、関係者

完全にブラックな出会い系サイトに多いのが、芸能人を装ってメールをしてくるケース。

有名芸能人や関係者を匂わせてくるような相手である場合は、まず100%サクラだと思って間違いはないです。

芸能人だから出会いがなくて…とか、ちょっと名前が知られている芸能関係の仕事をしている人間だからこっそりやり取りしよう、というようなアプローチをしてきます。

中には「芸能人とメールできる!ラッキー!」と喜ぶ方もいるんですが、実際メールしている人は芸能人でもなんでもないただのサクラ(なんならおっさんとかおばさんの可能性も)と考えましょう。

有名芸能人を語る手口はニュースにもなっているので、今更騙される人もそこまでいないのですが、先日私の友人が「誰にも言えないんだけど、某有名歌手と今不倫してる。まだメールだけなんだけど」と言ってました。

普通に考えて、直接出会ったわけでもないのにそんなウマいことあるかい(笑)

あと何故かマネージャーや業界関係者が次々と登場してくるのも100%サクラだと考えてください。

その8:他のサイトへ誘導してくる

これも別サイトや別サービス誘導目的の業者に多いパターン。

他のサイトやサービスに「こっちの方がやり取りしやすいから!」「こっちで待ってるね!」と言われるケースですが、これは誘導だとわかりやすいからいいですよね。

「スマホが壊れてしまったから、こちらのサイトで…」と言われたり、LINEのやり取りに一度させられて「今度はこっちでやり取りしよう!待ってるね!」と言われることもあります。

よく考えてみてくださいよ。スマホが壊れているならネットだってできないじゃないですか。どうして他のサイトでやり取りする必要があるんでしょうか?そもそも今の時代、代替機使えばいいじゃないですか。

理由があって1つのアプリ・サイトに登録をしているわけですから、他のサービスに乗り換える必要はこちらにはないんですよね。

その9:不幸な話から入ってくる

お涙ちょうだいではないですが、人の感情を揺さぶりながらお金を使わせる手口です。

「毎日さみしい…」とかそういったレベルなら素人でもゴロゴロいますが、「親も小さい頃に死別してしまい、気が付いた頃には周りには頼れる人は0。仕事でのストレスで精神的に病んでしまって、心の支えが欲しい…」なんていきなり言われたら正直重い上に不自然です。

中には助けてあげたい!と思う優しい人もいるかもしれませんが、個人的には負のオーラがある人間には近寄らない方が無難だと思います。

先に紹介した、芸能人を装ってくるタイプのサクラ・業者も「精神を病んでいて…」というケースがあります。

その10:写真が不自然、顔写真がない

写真の撮り方が下手、ならまだ仕方がないのですが、何故かものすごくピンボケしていたり目線以外にもいろんなところにスタンプが押されて隠されていたり、画像が粗かったりと何かしらの加工がひどい写真の人はサクラである場合が多いです。また、顔写真がそもそもなくて首から下の写真や部分的なアップの場合も怪しいです。

出会い系サイトやアプリでは、不倫や遊びの関係だとリスクもあるので、顔写真を最初から見せないということはよくあります。でもその場合はちゃんとした理由を相手に伝えられるんですよね。

出会い系のサクラや業者などの要注意人物の場合、聞いてもいないのに「顔写真は送れないからこの写真で!」とか「また写真撮っちゃいました、これ見てください」とかわけのわからないタイミングで写真を送ってくることがあります。しかも登録されている写真を見ると、今のスマホのカメラで撮ったやつじゃないぐらい画像が荒いものなども。

いつのガラケーで撮ってんの?というような写真を送ってくる相手は信用しない方が良いでしょう。

その11:自己紹介やプロフィールの文章がイマイチor長文

出会い系の自己紹介やプロフィールは、マッチング率を高めるためにもある程度入れておく必要があります。でも「よろしくおねがいします」だけだったり、やる気のないいつまでもデフォルトのままの場合はサクラや業者の可能性があります。

逆に、自己紹介やプロフィールがやたら長くてレシートかよ!というぐらいのレベルの人。これも不自然だなと感じてしまうため、避けたほうが無難です。

自分から積極的に声をかけていくのは正直しんどいですよね。有料だったらメールをするのにもお金がかかるので、いかにポイントを節約するかがキモになっている場合もあります。そのため自己紹介欄になるべく情報を詰め込む人もいるのですが、まずはメールでお互いにやり取りが普通にできて、相手のことをしっかり知れるというのが安心して会うための絶対条件です。

出会い系アプリ・サイトでサクラや業者に会わない4つ対策方法

私なりにたくさんの出会い系アプリやサイトなどのサービスを利用してきて、これだけは守っておくとサクラや業者に遭遇しにくいというポイントがあったので紹介します。

出会い系でサクラや業者に会わない対策方法
  • サクラや業者がいない・少ないサービスを利用する。
  • 会員数が多く、出会っている人が多いサービスを利用する。
  • 女性は無料のサービスを利用する。
  • やり取りには時間をかける。

長年利用してきたのである程度の勘もありますが、最低限この4つはキモに命じておいてください!

対策①:サクラや業者が少ないサービスを利用する

出会い系アプリやサイトを利用するなら、サクラや業者しかいないサービスを利用していても一生目当ての異性とは会えません。それどころか時間とお金を無駄にしてしまう可能性があります。できる限りサクラや業者がいない、あるいはいたとしても少ないサービスを利用することで遭遇率をグッと下げることができます。

見極めの1つのポイントとしては運営実績や運営歴などをチェックすること。

昔はたくさん出会い系サイトがあったのですが、今はほとんど潰れていたりしているんですよね。その理由の一つに、サクラしかいなかったからというのもあるので。今でもちゃんと運営していて、実績もあるサイトやアプリは管理体制も整っているところが多く、サクラをわざわざ雇わなくても普通に素人さんが常に登録して賑わっています。

対策②:会員数が多く、出会っている人が多いサービスを利用する

会員数が多いというのは、それだけ自分の好みに合いやすい人を見つけるためです。実際に出会えている人が多いというのもサクラや業者対策になります。

「誰とも会えないんですけど…」という口コミが多いサービスなんて利用したくないですよね。会うためには、本当に会っているという口コミや感想が多いサービスを狙うと失敗がありません。

対策③:女性は無料のサービスを利用する

女性も有料だとそれだけ信用できる!と考える人もいますし、実際に結婚相談所などはその方が安心できるとは思いますが、不倫相手や遊び相手を探すために有料の結婚相談所にはわざわざ登録しませんよね。

お金がかかるとなると、どうしてもお金を使わせてくる業者が出てきます。

そのため少しでもサクラや業者からの無駄なメールや勧誘を避けるなら、女性無料のサービスを利用することをおすすめします。

同性同士でやりとりするなら有料、といったケースもありますがこれは同性愛者の方がお相手を探すための対策がほとんどではないかと思っています。あなたが男性と出会いたい、と思うのであれば何も考えずに女性無料のサービスを利用する方が良いです。

対策④:会うまでのやり取りには時間をかける

出会い系サイトのサクラや業者対策は、最初にどのサイト・アプリに登録するかまでである程度できてしまいます。しかし、必ずしもサクラや業者が0とは限りませんので、やり取りにはじっくり時間をかけるようにすることをおすすめします。

直感で相手を決めて話もサクサク決まって、メールした初日に会うことになったー!なんてこともたまにありますが、本来なら相手がどういう人かもきちんとわかってない状態で会うのは非常に危険です。お互い初対面なわけですから、ある程度は相手のことも把握した上で会うようにしましょう。

ちょっとした気の緩みで不倫バレ・浮気バレにもつながってしまいますしね!

サクラと業者の見分け方・対策まとめ

いかがでしたでしょうか。長年の経験を振り返ってみて、今回の記事では

  • 出会い系アプリやサイトにサクラ・業者がいる意味
  • サクラや業者、危険人物の見分け方
  • サクラや業者に遭遇しないための対策

について細かく説明していきました。「どこのサービスを利用して相手を探したらいいかわからない」という場合は、ふりんちゅ!編集スタッフも実際に利用しているサービスを紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。


経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように出会える確率74.5%のハッピーメールと、10年以上の実績があるPCMAXです。

累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


▼是非応援ポチをお願いします!▼


不倫で悩むあなたへ……

ふりんちゅ!ライターlina。
既婚2年目にして不倫歴は8年。独身時代から既婚男性と不倫を続け、結婚した今は複数人の男性と不倫中。相手はマッチングサイトで出会った男性がほとんど。
最近はママ活男子と会うことにハマっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。