【不倫体験談】人に言えない既婚女性の不倫経験その2 

今回はふりんちゅ!アンケート記事として、不倫経験を持つ女性11名に体験談をお聞きしました♪

不倫相手と出会ったきっかけや、不倫関係になった経緯、その後の展開まで赤裸々に教えていただきました。

不倫をしたい!と考えている方の参考になったら嬉しいです。

 

さおり

私が、初めて不倫を経験したのは24歳の時でした。

当時、勤めていたサービス業のお仕事だけでは食べて行くことができず、夜はスナックでアルバイトをしていました。

 

そこで妻子ある彼と出会ってしまったのです。

もちろん、初めから彼が結婚している事は知っていたので、仕事も家庭も大事に出来る、優しい男性なのだと思い、お客様として接していました。

けれども、何度か会っているうちに、どんどん彼の魅力に惹かれてしまい、接しているうちに、何となく彼もそう感じていることに気付いてしまいました。

 

なので、彼からアフターを誘われた時には、驚くことも無く、嬉しい気持ちでいっぱいでした。

 

何度か二人で夜のデートを繰り返すうちに、どちらからともなく体の関係を持つようになり、週に何度もお泊まりデートを繰り返す様になりました。

 

普通、不倫関係だとお泊まりNGな方が多いと思いますが、彼は出張に出ることも多い仕事だったため、不定期に帰れない日があっても問題なかったのです。

そんな状況を繰り返すうちに、まるで普通の恋人同士の様な感覚になってしまい、彼に夢中になってしまいました。

後からはバカな事をしていたと理解できますが、当時は本気で彼の事を愛していて、略奪婚も考えていた程だったのです。

 

普通の恋よりもたくさん泣いたけど、今でも一番愛したのは彼だったと思っています。後悔は一切していません。

 

ともこ

不倫相手は職場に出入りする営業の男性でした。

私の職場は制服だったため、スーツを着てバリバリ働く男性がとてもかっこよくみんなの憧れの存在でした。

 

ある日、部署の忘年会の幹事をすることになり、お店選びに彼がつき合ってくれることとなりました。

結婚していることは知っていましたが、10歳以上も歳が離れていたため、彼は私のことなどなんとも思ってない、こちらだけが意識して断るのもなんだか恥ずかしく、一緒に食事に行きました。

 

同世代の男性とは違う落ち着いた雰囲気、時々みえる子どもっぽさ、自分の話をしっかり聞いてくれるのが嬉しく色々な話をしました。

食事を終えて「また今度一緒に美味しいもの食べに行こう、また二人で会いたい。」と誘われた時は、相手が結婚していることも忘れ、頷いてしまいました。

それから何度か食事をして不倫関係となってしまいました。

 

会っている時間はとても楽しく幸せですが、やはり帰って一人になるとさみしく、罪悪感で苦しくなったことは覚えています。

 

ですが、みんなの憧れの人が自分だけに見せる表情が嬉しく、素敵な旅行にも連れていってもらい、この人と結婚出来たら。と何度か思いましたがやはり、不倫は遊びです。

子どもがいるから今すぐ離婚は出来ない。」と定番のセリフで流され、ずるずると関係が続いてしまいました。

このままじゃいけないと、友達に紹介を頼み、合コンにいき、彼の良さがわからなくなっていき、別れることが出来ました。

恋は盲目とは言ったものだなぁと、いつか報いを受けるんだろうなと覚悟して生きています。

 

まい

彼氏と別れてすごく寂しい時期に、既婚の男性と知り合いました。

その男性は、ボディタッチがナチュラルで、寂しい時期だった私はすぐにその男性に甘えてしまう感じになってしまいました。

 

でも、「2人っきりで会おう。」というと、既婚だから…と断られていたのですが、何度か誘い、2人っきりで会うようになりました。

最初は、普通に飲んでいただけだったのですが、帰り道で手を繋いだり…と、だんだん親密なスキンシップが増えてきました。

秘密にしている感じやダメなことをしているという感じにドキドキして、スリルを味わっていました。

 

飲みに行ったら、抱きついたりイチャイチャしてキスをして帰ることを週2でしていた頃に、その男性の転勤が決まりました。

家族と一緒に転勤先に行くから、あと少ししか会えないと言われ、そこで初めて体の関係を持ちました。

彼も、もう会うことがないと確信したので、割り切れると思ったようです。

私も、もう会うことがないのと、最後の思い出だと思い受け入れました。

転勤までの空いている時間は会うようにしましたが、やはり家族には勝てないと思ったのと、彼が思っていたより家族を大事にしていたことに気づき、申し訳ない気持ちになり、関係はスパッと断ちました。

 

 

さとこ

不倫体験は3度あります。
自分独身で相手既婚、自分も相手も既婚、自分既婚で相手独身、とすべてのパターンを経験しました。

1度目は社会に出たばかりの20歳の頃、既婚者の10歳年上の先輩男性社員と不倫しました。

お互いの家が近かったので飲み会の帰りに一緒に帰ったりするうちに、いつのまにか不倫関係になってしまいました。

あちらが自分に夢中になってたのであまり辛いとかの感情はなかったですが、だんだん会社で噂になったり奥さんと離婚して一緒になりたいとか言われるようになり、自分も普通に結婚がしたいと思って3年くらい付き合って自分から別れました。

 

結婚して落ち着くかと思ったら、旦那が出産を機にセックスレスに。
でも子育てが大変だったので浮気とかは考えられず我慢して15年くらいがたちました。

 

でもふと気がつくと自分も40代。

このまま女として終わっていくのかと思うと寂しくなりネットで出会った既婚者と不倫しました。

でも何度も会ううちに、自由な時間があった自分と比べて、奥さんの束縛がきつくて時間を気にする彼に魅力を感じなくなりすぐに別れました。

 

それからしばらくして、15歳年下の独身男性と出会って5年くらい一緒に過ごしましたが、この不倫がいちばん辛かったです。

若くてかわいい彼に自分が夢中になってしまって、別れた時はもう生きていけないと思ってしまいました。

こうやって書いてみると不倫ばかりして、ちゃんと旦那と向き合うこともしなかったひどい人生だなって思います。

不倫は私の救いや支えになった部分もあるけど、やっぱり必ず不幸になります。
もうしたくはないですね。

 

 

いくみ

大学生時代、SNSで1人の男の人と知り合いました。
その人(Aさん)は6歳年上で不動産の仕事をしている男性でした。

Aさんとの連絡は、SNS上でしかやりとりしていませんでしたが、とても優しくて女性の気持ちが分かる人でした。

初めて2人で会った時、Aさんは「彼女はいない」と言っていて、私のことを「1人の女性として見ている」と言ってくれて付き合うようになりました。

 

しかし、会うのはいつも平日の昼間。不動産の仕事しているので平日が融通効きやすいのと土日は仕事だと知っていたので、理解はできました。

何ヶ月かたち、「Aさんの家に行ってみたい」と言ってみたところ、「母親がいるからダメ」と言われました。

もしかしてまだ実家暮らしなのかなと思いましたが、その時は深くまで考えずに諦めました。

 

クリスマスが近づいてその日だけは夜会いたいと伝えましたが、仕事だと言われ、次第に女性の影を疑うようになりました。

やはり、クリスマスは昼間に会い、ご飯を食べてホテルへ行きました。

 

年が明けてふとAさんのSNSを見ると、年末に旅行に行っていた写真がありました。

よく見てみると女性は写っていませんでしたが、子供(小学生ぐらいの男の子)が写っていました。

Aさんに聞くと「社員旅行で他の社員の子供」だと言っていましたが、だんだん信じられなくなりました。

ある日、知らない女性(Bさん)からSNSでメッセージが届き、「Aさんと関わらないで欲しい」ときました。

頭にハテナが浮かび「誰ですか?」と返信。

すると、「Aさんは既婚者ですよ!その事分かって付き合ってるんですか?裁判になったら貴方の負けですよ。」と言われ、
やっぱり私よりも大切な人がいるんだと確信しました。

それからAさんと話をしましたが、「Bさんより君を愛している」と言われました。

不倫だと分かった瞬間好きだという気持ちがなくなり別れることになりました。

初めから彼女や奥さんがいると分かっていれば、会うことも好きになる事もなかったのに、騙された感がありました。

 

はるこ

私は20歳の時に離婚をして、1歳の子供を抱えてシングルマザーになりました。

子供のことを考えて、再婚するつもりはなかったので、シングルマザーをしていた約18年間で3人の既婚者と不倫しました。

 

既婚者との恋愛なら、結婚したいと言われることがなく、相手も家庭があるので独身の男性のように時間が自由に使えません。
お互いに制限があるので、劣等感なく恋愛できると思ったからです。

 

ですが、27歳の時に知り合って付き合い始めた人は違いました。

家庭のことを後回しにするくらい私にのめり込んでしまい、私の部屋にせっせと通い、半同棲に近い形になってしまいました。

小学生だった息子とも仲良くなろうとした彼の姿を見て、じょじょに私も彼に頼るようになってしまいました。

 

一人で生きていかなくてはいけないという気持ちで、離婚後はずっと張りつめて頑張っていましたから、甘えさせてくれる人がそばにいると、張りつめた糸がプツッと切れてしまうこともあるのですよね。

 

常套手段だとわかっていましたが、彼は「いずれ離婚して一緒になろう。」というのが口癖でした。

結局、私と彼の不倫は8年間も続きました。

その間には何度も別れ話が出て、大喧嘩して、彼の妻を交えて3人で話し合ったこともありました。

8年間の不倫で私はすっかりメンタルを病み、うつ病になってしまい、まともに仕事ができなくなってしまい、経済的に支えることで結婚しなくても私を束縛しようとする彼にとことん嫌気がさしてしまい、私は別れることを決意しました。

 

しばらく恋愛する気にならなかったのですが、バツイチの男性と知り合って再婚することになったので、別れて正解だったと今は思っています。

 

まゆみ

元カレが既婚者でした。

過去にも付き合っていた事があるのですが、その時は、彼が既婚者だという事を知って、すぐに別れました。

 

その後も仕事の付き合いもあって仲良くしていました。

その間はもちろん体の関係もなく、良き相談相手で友人といった形でした。

そこから約10年が過ぎたのですが、その間も他の女の子と付き合っては一緒に住んでいました。

 

まず、元カレは別居婚で、娘さんが一人いました。

奥さんとの関係はうまくいっておらず、会いに行っても娘に会える程度という事が多かったようです。

 

しばらくすると、同棲中の彼女ともうまくいかなくなっていたらしく、お酒を飲んではよく酔って電話をかけてきました。

色んな人にそんな事をしていた事もあり、周りからも話を聞いてやってほしいと言われていました。

 

そんな事を言われているうちに、たまたま電話に出られるタイミングがあり、二人で飲む事になりました。

酔った勢いなのか、精神的に弱っていたのか、「今でも好きだし、付き合いたい、別れた事を後悔している。」と言われました。

 

最初は何度も断り続けていたものの、過去に付き合った経験もあれば、仲良くなってからもかなり長い事もあってか、私の性格をよく知っていて、結局押しに負けて付き合う事になりました。

 

昔付き合っていた時よりもかなり大事にしてくれていて、家庭の事も彼女との事も細かく話してくれて、離婚協議中だと知りました。

ですが、結局、私が信用してあげる事が出来ず、一年足らずで別れました。

奥さんよりも上には立てないと思っていても、彼の性格によっては少しは信じてあげる事や、しっかり話し合う事で解決できることもあったなと思いました。

 

 

なみ

かれこれ3年ほど関係を続けている相手がいます。

相手は職場の上司で、始まりは2人でよく飲みに行くようになったことでした。

 

年の差は20歳もありますが、彼が見た目も精神的にも若いことと、私が年上好きなこと、何より趣味や話が合うことで意気投合し、頻繁に飲みに行くようになりました。

はじめのうちは、飲みに行くだけだったのですが、毎日のように仕事終わりに飲みに行くのは金銭的に難しくなったのと、帰り道を彼が心配して私の自宅まで送ることを省略できるという理由で、駅から近い私の家で飲むようになったのがより親密になったきっかけと思います。

 

私自身もやめないといけないとは思いつつも、2人でいる時の楽しさにつられて、結局関係を続けてしまっています。

 

奥さんには申し訳ないとは思う反面、好きな人とずっと一緒にいられることに嫉妬を抱いています。(そして嫉妬を抱く自分に気づくと嫌悪感に悩まされます…)

 

上司とは同じ職場なので、仲間から家族の話が出たりして、上司に話が振られると私はいつも耳が痛い思いでいます。

不倫はいけないことだと私も思っていました。
しかし、いざ自分がその立場になると、決して認められることではありませんが、好きになってしまうのはどうしようもないことなんだと、身にしみています。

 

 

しょうこ

私は現在、40代のバツイチ既婚女性ですが、20代前半に一度結婚していました。

一度目の結婚が若かったせいもあったかもしれませんが、当時の旦那に浮気されただけでなく、借金まで作られ、離婚の時に元旦那の借金を背負ってしまいました。

 

離婚後は、次に付き合う人は金持ちじゃないと、とは思ってました。

ちなみに、その当時の借金額は300万円くらいでした。

その後、友達に紹介された男性が一回り年上の既婚男性でした。その方は、ある専門職だったので、凄いお金持ちだったのです。

不倫するつもりは無かったのですが、結局、私はお金目当てで不倫になってしまいました。

付き合っていた訳ですから、好きと言う気持ちももちろんありました。

私は、その方に全てお金を出して貰っていたので、自分の給料は全て借金返済に回し、2年で300万円完済しました。

 

こう書くと、「何だ愛情じゃなくてお金目当てで不倫じゃないじゃん。」と思われるかもしれませんが、つき合って行くうちに、彼は離婚裁判を起こすまでに私達の仲は進展していたんです。

あの当時、週に3回は会ってましたから。

どちらかと言うと、彼の方が私に夢中になっていたんでしょうね。

私のどこが良かったのか分かりませんが。私は、追いかけると言う事は一切しなかったので、彼の方が追いかけてきたと言う感じです。

不倫に酔うのではなく、相手に追いかけてみたいと思わせるのが良いかもしれません。

 

まなみ

私は結婚5年目のワーキングマザーで、3歳の息子がひとりいます。

旦那はTV局勤めなので、仕事が不規則で、保育園の送り迎えですら、あてにできません。

休日も寝てばかりで、子育ての負担やストレスは、私に重たくのしかかっていました。

 

そんなある日、保育園のお迎えに行った際に、同じ保育園に子供を預けているある男性と知り合いました。子供同士が仲良くしていたのもあり、自然と会話が生まれました。

 

話を聞いていると、彼の家庭では、奥さんの仕事がかなり不規則だと分かりました。

朝の送りは彼、夜のお迎えは奥さんと決めてはいるものの、奥さんに急な予定が入ることがあり、そんな日は彼がお迎えに行くことになるのだそうです。

 

奥さんがお迎えに行けない日は帰宅も遅いので、子供の食事もお風呂も、全て彼が一人で担当するようです。あらかじめ決まっているならともかく、急なことが多い。

それなのに「ごめんね」や「ありがとう」の一言がない、と奥さんに対して不満を持っていました。

 

私としては、子育ての大変さを一緒に担ってくれる彼の家庭がうらやましく、夫へのイライラが余計に募りました。

 

しかも、旦那と違って彼は子育ての苦労を知っているだけに、私がどれだけがんばっているのか分かってくれるんです。

それが私にとって、何より救われる気持ちになりました。

 

彼と私は一線を越えました。

 

彼が自営業のため、時間の融通がききますし、1時間程度の延長保育であれば、保育園が無料で引き受けてくれます。

私たちが会うのは、私が息子を迎えにいく前の時間です。

 

最初は、「お茶でも飲みましょう」ということでお互いに時間を作って会っていましたが、限られた時間しか一緒にいられない、というのが「また会いたい」と思う原動力になりました。

 

「お茶」の回数を重ねていくうちに、いつしか会う場所がホテルになっていました。

 

なつこ

会社の上司と不倫してました。

登録派遣でその会社と出会って働いていましたが、どうしてもそこの会社に就職がしたいと思いました。

先輩で派遣されてた方が正社員で雇われる姿を見て自分も正社員になりたいと思いました。

上司を誘惑して何度か食事へ行き関係を持ち一年。

派遣の登録をもうしたくない事やこの会社で働きたい事を上司へ伝えました。

 

もちろん上司との関係も続けて行きたいけど、上司には奥さんが居るので違う部署に配属や、他の店舗に配属と言う形で上司との関係も続けて行きたいと伝えた所、すんなり話が通りめでたく正社員となりました。

その後も上司とは関係を持ちつつ仕事もしてます。

 

不倫関係3年目となり、ソロソロこの関係も終わりにしたいと思っています。

上司に「最近結婚したくなったんだけど、貴方では奥様が居るから出来ないし」と話してます。

上司は離婚する気が更々無いので「じゃあ別れる?」と話しが出てます。

 

今は不倫しながら(会う回数は減ってます)今は新しい彼氏とも上手くやりつつ、いつ不倫に終止符を打とうか考えてます。

お互い欲しいモノを(彼は私との関係そして私は正社員)得て楽しみ生活も安定し次にステップアップするための不倫はとても良いなと思ってます。

 


経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように10年以上の実績があるPCMAXと、出会える確率74.5%のハッピーメールです。

創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


▼是非応援ポチをお願いします!▼