【不倫体験談】相手の奥さんにバレた修羅場編 

今回はふりんちゅ!アンケート記事として、不倫経験を持つ女性5名に体験談をお聞きしました♪

相手の奥さんに不倫がバレた修羅場のエピソードを赤裸々に教えていただきました。

不倫をしたい!と考えている方の参考になったら嬉しいです。

 

さや

既婚者と不倫していたのですが、相手は単身赴任で私の地元にきていました。

こちらでアパートを借りていたので一緒に夜を過ごすときは相手の家で過ごしていました。

 

相手の子供が長期休みの時は家族がこちらへきて部屋に泊まるということを聞いていたので、証拠は残さないように注意を払っていました。

 

ところがある日ピアスのキャッチを落としてしまっていたようです。キャッチだけだったので私は気づきませんでした。

彼はピアスをあけていませんし、落としたことに気づいていなかったようで彼の奥さんにバレてしまいましたが相手は私のことを知りませんし彼も言わないでいてくれたので存在はバレずに済みました。

 

ですが、その後も彼の家へ行くと本棚の1箇所に女物のヘアクリップが置いてありました。

何度行っても隠す気配もないので奥さんがわざと置いていったのでしょう。

 

私も気にしないようにして、アクセサリーもつけて行かないようにしていたのですが、その後もまたバレてしまいました。

きっと奥さんのカンが働いたのでしょう。

 

彼の携帯から電話がきたのですが、普段彼からLINEも入らずいきなり電話を鳴らすというのが珍しかったので、違和感を覚え電話に出てみると女性でした。

 

私達の関係を聞かれたので、彼の職場の人と仲が良くたまにみんなで飲む程度の関係と言いシラを切り通し、奥さんは納得していないとは思いますが一応その場はおわりました。

バレてしまったので彼のことは着信拒否、LINEブロックをして関係は終了しました。

 

奥さんから連絡がくることももうありません。

 

ともよ

職場内不倫をしていました。

出会った当初はお互い何とも思っていませんでしたが、彼の奥さんが里帰り出産のため帰郷している間に、お酒好きが縁で急接近し身体の関係を持ってしまいました。

 

帰って来るまでの数ヶ月間だけ、と最初は割り切っていましたが、妻子が帰って来ても別れたくないと彼に言われ、その頃には私も大好きになっていたので逢瀬を続けていました。

 

しかし、帰って来てからわずか1カ月、彼の様子を不審に思った奥さんが彼の携帯を見てしまい、私との仲が発覚。

奥さんも同じ職場だったため、面識があったことがさらに私に対する怒りを増幅させていました。

家に呼び出されて問い詰められ、身体の関係を認めると奥さんから張り手を2回されました。

そして、私に仕事を辞めるように言われました。

こんなことになっても仕事を辞めたくなかった私はどうしたものかと考えあぐねていましたが、結局奥さんの方が地元に帰りたいと言いだし、彼と奥さんは職場を辞めて引っ越して行きました。

 

それから1カ月ほど経った頃、自宅に内容証明書が送られて来ました。慰謝料の請求でした。

私は怖くなり、すぐに行政書士の方に相談しました。

実は彼と別れる際、不倫の理由は私から誘ったということにして、彼の落ち度は低いことにすることで離婚を免れるように彼と話し合って決めていました。

しかしそのことが当然ながら私への怒りを増幅させることになり、法外な額を請求されました。

 

困っていると、行政書士の方からのアドバイスで、彼に払ってもらう方法もあると説明されました。

彼とは密かにやり取りを続けていたので、彼にお金の工面をお願いしつつ、値段交渉のやり取りを奥さんと行いました。

 

奥さんからは最初の請求額からは少し値段を下げて貰うことに成功しましたが、私に多くの非があると言った手前これ以上の値引きは困難ということになり、彼に請求額の2/3を出してもらい、私は残りの1/3を、私名義で支払いました。

 

奥さんは私が全額支払っていると思っているので恐らく気持ちが少し晴れているでしょう。

私は倫理に反することをして奥さんに申し訳ない気持ちがありつつも、してやったりという気持ちもあり、慰謝料に関してはスッキリした結果になったと思います。

 

まゆみ

2歳年上の既婚男性とお付き合いしました。

パソコン教室で知り合い、その時点で既婚者と言う事は知っていたので、非は大部分、私にあったと思います。

 

それでも、私が一人暮らしで自由の利く仕事をしていた事もあって、自宅デートがお互いに心地良く、お付き合いは2年少し続きました。

ところが、ある日突然、彼からの連絡が途絶えました。それまでは彼から電話やメールが来て自宅で会っていたのですが、パタリと音信不通の状態になってしまったのです。

 

私の方から連絡するのはルール違反という暗黙の了解があって、電話もメールもした事はなかったのですが、連絡が途絶えて2か月、思い切って電話しました。

が、コールは鳴りますが、誰も出ません。

また1週間後、「元気ですか?」とだけ書いてメールを送りました。返信があったのは、3日後だったと思います。

 

内容は「妻です。今から、あなたの家に行きます。あなたの実家も調べてあります。訴訟の準備もできています。」という物でした。

恐ろしくなって、その後は返信もメールもしませんでした。

 

ところが、本当に妻は私の家に来たのです。

1枚、紙を出して、「ここに署名と捺印!」と一言。

 

「二度と会いません。連絡しません。次に彼に接触した時は慰謝料を払います」というような内容だったと思います。

ここで捺印しなければ、親の所に行くといわれ、即効で署名捺印しました。

 

彼と会えなくなるのは少し寂しかったですが、やはり自分の身は自分で守らねばなりません。最悪な状況を招いたら即撤退!

不倫をする時は、この覚悟が必要だと身を持って知りました。

 

さりな

私が妻子持ちの彼と不倫をしていた時の話です。

最初は彼が既婚者ということは知りませんでした。

 

男友達が私に振られた腹いせに、俺よりも素敵な人を紹介すると言われ飲み会を開いてくれたところに登場したのが彼でした。

男友達は私に既婚者だということを知らせず、独身だとウソをつき彼を紹介してきました。

そうです。私は騙されていたのです。

 

独身だとウソをつかれていた私は既婚者だと疑うはずもなく、そのまま彼といい感じになり何度かデートを重ね付き合うことになりました。

 

付き合って間もない頃から、彼に対して違和感を薄々感じていましたが、仕事が忙しかったこともありあまり気にしないようにしていました。

 

ある日、温泉旅行に行こうという話になったので日程を決め、宿を予約し楽しみにしていました。

そして温泉旅行の日、彼の車で旅館へ向かっている途中に一本の電話が彼にかかってきました。

 

たまたまパーキングエリアで停車していたので電話に出れる状況だったのですが、彼はその電話を一向に取ろうとしないのです。

なんで電話に出ないだろうと思い「仕事の電話?出ていいよ。」と言ったのですが、気まずそうな態度で「大丈夫」とだけ言う彼。

しかし電話は切れてもかかってきて、ずーっと鳴り続けます。

おかしいなと思った私は彼の携帯を取り上げ着信画面を見ました。するとそこには女性の名前が書いてありました。

 

何かがピン!ときた私は全ての点と点が線になった感覚を今でもはっきり覚えています。

受話器のボタンを勝手におして、携帯を彼の耳へ向けました。

すると電話口から怒った女性の声で「パパなんで電話にでないの?今どこ?」聞こえてきました。

電話をかけてきたのは彼の奥さんでした。

 

ようやく彼が既婚者で長らく嘘をつかれていたことが発覚しました。

彼がずっと電話にでないこと、奥さんの電話を親身になって聞かない事で彼と彼の奥さんはそこで口論を始めました。

彼の奥さんもずっと浮気を疑っていたようで、車にGPSを仕込んでいたのです。

 

今日は仕事で出張だと奥さんに行っていたのですが、奥さんはGPSで彼が話していた出張先にいないことがわかり連絡してきたのです。

 

一応、私も騙されていたので被害者ですが、奥さんからするとそんな事は関係ありません。

今からこちらへ向かうから待っていろと言われてしまいました。

私は騙されていたのに、なぜ夫婦のもめ事に挟まれなければならないのかと憤りを覚え、そこで彼の携帯を取り上げ私のデータを全て消去させ彼に別れを告げて帰宅しました。

 

その後彼から何度か連絡がありましたが完全に無視し、しつこかったので携帯の連絡先も全て変更しました。

彼がどうなったかは一切知りません。

 

あの時奥さんが来て巻き込まれていたと思うとゾっとします。

 

はるか

職場の上司と不倫をしていました。彼は私より2回り近く上で、私より一回り上の奥様がいました。

もちろん既婚者であることも知っていました。

 

上司とはメールのやり取りが主でした。

初めは仕事の内容をしていましたが、職場のトラブルなどを相談するうちにプライベートなことを話すようになりました。

 

好きなアーティストのことや休みの日の過ごし方などを話しているうちに趣味が合うと分かり、メールのやり取りが増えました。中には夜中までやり取りをしていたこともありました。

 

職場が離れることになり、よりメールのやり取りは増えていきました。日中も夜中もずっとメールをしていました。

少しメールが返せないと「なんでなの?!」「何してるの?!」とメールが殺到していました。

 

しかし、ある日メールが来なくなりました。やっと来たと思ったら「かみさんにバレてしまいました」とのこと。

片時も携帯を離さない様子に違和感を覚えたらしく、問い詰められたそうです。

 

彼は「前の職場の人や今の部署の人とメールしてた」と言っていたのですが、もちろん嘘なのでより怒られてしまい、「嘘をつかれたのが悲しい」と泣かれたそうです。

 

それ以降は奥様がいない時間帯を狙ってメールをするようになったのですが、お互い仕事が忙しくなって疎遠になってしまいました。

離婚騒動にならなかっただけマシだと思っています。


経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように10年以上の実績があるPCMAXと、出会える確率74.5%のハッピーメールです。

創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


▼是非応援ポチをお願いします!▼