【不倫体験談】 既婚女性9人のW不倫エピソード!part2 

今回はふりんちゅ!アンケート記事として、w不倫の経験を持つ女性9名に体験談をお聞きしました♪

不倫相手と出会ったきっかけや、不倫関係になった経緯、その後の展開まで赤裸々に教えていただきました。

不倫をしたい!と考えている方の参考になったら嬉しいです。

 

りさ

8年程前にW不倫をしていました。出会いは子供のスポーツクラブで、相手も父兄。

年齢は彼が10歳年上でした。

 

その人とは家が近所で、試合の打ち上げの飲み会の帰りに一緒にたまたま帰ってる時に告白されました。

私も告白されたことで相手を意識してしまい、そのままお付き合いをしてしまいました。

 

少しの時間があれば彼と会い、体を重ねていました。

今だから言えますが、今まで出会った人の中で抜群に相性がよかったです。

 

W不倫なので、お互いの家庭に迷惑がかからないようにもしてましたね。

 

付き合って2年程経って、私が子供っぽい性格で、彼に焼きもちを妬くことが増えてその事がきっかけで別れました。

今では友達と言う形で関わってます。

 

その翌年、違うスポーツクラブの方から告白されまた付き合っていました。

その方も年上で、EDであまりSEXはしなかったのですが、とても気持ち良くしてくれたのを覚えています。

一緒にバーベキューをしたりスポーツしたりとても楽しかったのを覚えています。

 

その方とも2年ほど付き合い、彼が冷たくなったように感じ、別れました。

今でも会うと話はしますが、不倫の関係ではありません。

 

その他にもSEXだけ、年に1度くらい会う人などいました。もちろん相手も既婚者です。

ちなみに今は全く何もありません。

 

この話は誰にも言えないので墓場まで持っていきます。

 

ゆうか

相手は会社の部長でした。

私は正社員で経理事務をやっていたのですが、会社で改革があり、私の仕事負担が多くなってきて、毎日が大変でした。

 

私は主人と子供3人の5人家族で、限られた時間の中で仕事をやる事は今まで以上に大変だったのですが、それを教えてくれて手伝ってくれたのが、部長でした。

 

好きになるのに時間はかからなかったのですが、好きになることはいけないことだと自分に言い聞かせて、なんとか諦めようと思っていたのですが、部長も私を好きだと言ってくれました。

私の主人は、趣味がオンラインゲームで、私や子供のことはほったらかし。金遣いも荒かったので、カードローンや消費者金融にとお金を借りていたので、返済だけでも大変な額でした。

共働きなのに家のことは何一つやってくれなくて、私はかなり不満を持っていたので、部長にすがっていった感じです。

 

部長は、私の意見を聞き、アドバイスをしてくれたりして、すごく大好きでした。

身体の関係も持つようになりました。

 

部長も奥様と子供3人の5人家族。

単身赴任や出張が多かったこともあり、家ではのけもの扱いにされているようで、家に居場所がなかったみたいです。

 

奥様は正社員で働いていて、子供のことは実母に任せっきり。そういうとこも嫌だったようで。

そして奥様や子供たちは、部長に無関心のようでした。子供たちが大きくなったら離婚しようと考えていたそうです。

 

部長とそういう関係になって半年後、私の携帯を見られました。

そこから主人は激怒して、部長に怒りの電話したりして大変だったのですが、すぐに部長は会社を退職したと嘘をつき、私が平謝りして主人も悪いところがあったと、2人で夫婦をやり直していくことになりました。

でもそこから、主人は私との時間がもっと欲しいと会社を休職。

 

でも私は働いているし、主人の休職中の手当てもない。しかも彼は昼間、オンラインゲームばかりやっていて、やっぱり家のこと何もせずに、子供も構わない。

自分のやりたいようにお金も違うので、私は主人を自然と避けるようになり、彼に離婚を切り出していました。

部長も私が痩せていくのを心配し、離婚を勧めてました。

 

主人は鬱になっていき、復職ができなくなってしまいました。

離婚しようと思っていたけど、主人を1人にすることもできず、離婚できないと部長に別れを告げてまた夫婦生活をやり直すことにしたのですが、主人はネットで知り合った女性を好きになり、私と子供3人は家を追い出され、離婚しました。

 

その半年後、部長も離婚したのですが、私と部長は元に戻ることはなく、部長は別の方と再婚しました。

 

まいこ

私は公務員だった元夫との結婚生活6年で元夫に不倫されました。

私が知ったのは不倫して1年くらい経ったところでした。

 

知るきっかけになったのは元夫と不倫相手との間に子供ができたことでした。

子供ができて産むしか選択肢がない、妊娠6カ月を過ぎたところでした。

元夫は責任を取ってなのか、私との離婚をのぞみました。私は女の意地なのか離婚を拒みました。

 

結果、私は元夫とやり直すことになったのです。

 

ですが、どうしても許せないことが1つだけあって、私は結婚した時から子供がほしかったのです。

仕事を理由にレス状態になっていました。

それがどうしても私の頭の中に引っかかっていました。

 

結婚生活を続けるにあたって、いろいろ改善すると言っていたものの口だけでした。

 

そんな矢先、仕事先の年下の男性から声をかけられました。

その人には奥さんがいました。奥さんとの婚姻関係は破綻していました。

一緒に仕事をしていく中でいろいろな話を聞いてもらい、そのうちご飯を一緒に食べるようになりました。

お互いにパートナーな持っていないものに惹かれて、一線を越えてしまいました。そして付き合うようになりました。

 

付き合って一年したところで、お互いが離婚することができたので時期をみて結婚することになりました。

彼の奥さんをあの時の自分と同じ気持ちにさせてしまったかと思うと申し訳ない気持ちでいますが、今のこの生活にすごく幸せを感じています。

 

さとみ

夫は結婚する前から自分の仕事を偽っていました。

当初、自分の仕事を健全なリラクゼーションサロンの店長と言っており、平日の夕方に、自宅から1時間かけて職場へ向かい、翌日の終電時間を過ぎるまで働いていました。

よって本人は土日しか自宅に帰ってこないという生活をしていました。

 

このような生活をしていて、平日私が仕事のお昼休みにラインを送っても相手は寝ているので、完全無視です。
なのでとてもさみしい思いをしておりました。

 

仕事内容について詳しく問い詰めてみると、「お前に教える必要はない!」といつも怒り出しました。

嫌われたくないし、離婚したくない私は黙って受け入れていました。

 

けれども、職場で夫婦幸せそうな同僚を見ていると、なぜ自分は間違ったことをしていないのに、「夫に怒られなければならないのか、平日悲しい思いをしなくてはならないのか」という悔しさと寂しさが何度もこみ上げできました。

 

そこでラインやWeChatを使ったり、内緒で出会いサイトを使って知り合った男性と平日デートしたり、寝泊りすることにしました。

 

不倫中は癒されるのですが、結局そんな事をしたところで、同僚たちに自慢ができないので全く満たされません。

 

それどころか、同僚たちに「旦那さんはなぜ平日帰ってこないの?」という質問に答えられない自分にも嫌気が差してきました。

 

ある日、夫のカバンの中身を見ると、店の名前が書いてある封筒がありました。封筒の宛先は怪しげな店の名前でした。

その封筒にあった住所をネット検索で検索したところ、その店はメンズエステであることが分かりました。

サイトを見ると、きわどい露出度80%くらいの若い女性たちがベットの上に乗っている。

 

夫を問い詰めると、すんなり白状しました。

夫が寝たあと、夫の部屋にあったUSBを私のパソコンに挿してみると、店にいるであろう露出度の高い女性の写真とメンズエステであろう店名のロゴ写真がたくさん出てくる。

 

夫の携帯を無断で見てみると、ライン上で、ほかの女性に対し、「可愛いね」、「○○さんは優しいから」といった、私に対しては絶対に言わないようなワード、私には絶対使わない愛情たっぷりの顔文字がたくさん使われていました。

 

私はショックで背中からお尻、つま先まで走るような大きな痺れと寒気を感じ、めまいを感じ、瞳孔が開くのさえ感じ、30秒ほど息ができなくなりました。

 

その時に、人はショックでここまで人体に反応が出るのか、と思いました。

あの時の感覚は一生忘れないと思います。

もちろんW不倫の夫婦に未来はないと痛感した瞬間でもあります。

 

かよ

結果的に職場恋愛となるのですが、私が当時のパートナーと上手くいっていない時に、彼と出会いました。

彼も当時の奥様との関係は冷え切っていて、私と同じような状況でした。

 

ありきたりな話なのですが、そんな似たような状況の中で相談をしたりしていくうちにお互いどんどん本音が言えるようになり、そのうちお互いのパートナーより親密な関係になっていきました。

 

当時の職場は夜勤のある仕事だったので、夜間2人で作業をするということもままありました。

なので、2人の関係が深まっていくのも早かったのかな、と思います。

 

お互いにお互いのパートナーとは上手くいっておらず、いずれ離婚して一緒になろうという話をしていたので、W不倫というような罪悪感はあまりなかったです。

 

ですが、どうにか私の方が先に離婚を成立させても、彼は上手くいかない様子で、だんだんそんな彼に苛立ちが募っってしまい、喧嘩が多くなりました。

向こうのパートナーの親族関係のことでごたついているとか色々な理由をつけては離婚を渋っているように見えて、私とは一緒になる気はないのか、と強めに出てしまいました。

 

私はきちんと離婚までしたのに、彼はそれくらいの誠意を見せてくれないのかと思うととても悲しくなり、結局彼ともお別れしました。

 

ゆりか

28歳くらいの時です。

その時はアパレルで働いていたのですが、激務でお休みも取れないような状態だったため、子供を作るために仕事を転職しようと考えていました。

 

転職先が見つからないままアパレルの仕事を辞めたのですが、当時お金もなくダンナに黙って朝キャバクラを始めました。

 

慣れない仕事で早くやめようと思っていたのですが、指名を頂けるようにもなりだんだん楽しくなってきたそんな時、週刊誌専属のカメラマンとして働くTさんに会いW不倫が始まりました。

元々、枕営業はせずお客さんとも友達みたいな関係だったのですが、Tさんは関西の方で関西弁で私をすごくほめてくださり、親身になって相談を乗ってくれるうちに私がハマってしまいました。

 

Tさんは当時45歳くらいで、お世辞にもかっこ良いとは言えないおじさんでしたが、私にはすごく魅力的な方でした。

 

私もTさんも既婚者、Tさんのお昼休みに会社近くで待ち合わせをしてドライブをしながら会っていました。

会う度に好きになってしまい、青春のようなきもちで夢中になっていました。

ただ家に帰ると現実に戻りダンナの帰りを待つ。

 

それが拷問のようでしたが、明日になればTさんに会えると思いダンナへの気持ちも薄れていました。

そんな関係が1年くらいたった時に、たまたまTさんが子供たちと仲良く歩いている姿を見かけました。

最初から分かっていたのですが、かなしいような怒りのようななんとも言えない気持ちになりました。

 

ただ、そこでハッとTさんは好きだけどTさんの子供たちを不幸にしてはいけない。と思いました。

その夜はすごく考えて泣いて過ごしました。

 

でも、Tさんと会ってしまったらまた好きになってしまうと思い、私の方から連絡を取るのをやめました。

携帯も変更しキャバクラもやめ一切連絡を絶ち、ダンナとも離婚しました。

 

コンビニの週刊誌でTさんの名前を見かけるたびに、いまだに胸が締め付けられます。

 

まゆこ

夫婦間系が冷めきっていて、当時の主人は、時々、暴力をふるう人でしたので、別れたい気持ちややるせない気持ちが募っていた頃に彼と出会いました。

 

彼は、私が勤めていた会社のお客様でした。話していると、楽しくて、居心地が良くて、自然と素の私になれました。

彼は若くして結婚をして、子供もさずかり、自分自身の青春は捨てて、身を粉にして働いてきたそうで、とても疲れていて、癒しを求めていました。

 

話していて楽しいのは、ふたりとも同じで。密やかに、ふたりで会う迄に、そんなに時間はかからなかったです。約束は、自宅に居る時間帯はメールをしない事。休日は会えないし、会わない。お互いの家庭は壊さない。こちらの3つです。

 

居心地が良くて、素でいられて、笑ったり、突っ込んだり!当たり前のような会話が嬉しかったです。抱きしめたくなって、抱きしめたり。抱きしめてくれたり。肉体関係も大切ですが、ぎゅーっと抱きしめて貰える事が、すごく嬉しかったんです。

 

好きな気持ちが、どんどん膨らんでいって、苦しくなりました。

仕事がとても忙しい人ですので、ほとんど会えないですし、寂しくて、毎日のように彼の事を、思い出して、時々泣いていました。悲しいだけの涙じゃありません。とても、感謝しているから。

 

いつも、優しくしてくれて。言葉での気遣いだけでなく、行動や態度での優しさは、これまでの男性の中で1番に優しくて。ずっと、彼に包まれていたい、とさえ思いました。

 

ただ、会える日数も、会えた時の時間も限られていて、楽しい時間は、あっという間でした。

少しずつ、苦しさの感情も芽生えてきました。いつの間にか、好きを越えて、愛してしまった私がいました。

 

それでも、私が1番大切なのは、こども達です。

 

罪悪感に押し潰されそうになったりもしました。何が良くて何が悪いのか、今は正直分かりません。

 

彼との不倫関係で、私が満たされて、主人に優しく出来るならば、それで家庭内が、良い循環になるのならば、それも良いのでは?と、思ったり。

 

馬鹿げた事を言っています。頭では、分かっています。

ただ、理屈じゃないんです。愛してしまったから。ふと、彼の事が浮かんで、泣いてしまう事もありますが、今の関係に後悔はありません。

 

なつこ

結婚三年目の私と夫の間にはまだ子供は授かっていません。

仕事人間の夫は残業に出張に忙しく、休日ですら一緒に過ごすことはありません。

夕御飯を用意していても、食べてきたからと手をつけることはありません。

 

そんな毎日に嫌気がさしていた時、私は買い物の最中に男性とぶつかってしまいました。

その相手こそが私の不倫相手です。

 

初対面の時はそのままお互い謝って帰りましたが、その後も買い物に行くと会うようになり自然と会話をするようになりました。

 

彼も家庭がありますが、奥さんが子供を欲しがっておらず、バリバリ働く奥さんの変わりに彼が家事をしていると聞きました。

 

お互いの共通な家事の話に花が咲き、自然な流れでアドレスの交換をした私たちは頻繁に会うようになりました。

お互いの夫婦関係が冷えきっていて寂しいのだと気持ちが一致した私たちはお互い惹かれあっていることに気付き、自然と唇と唇を重ねていました。

 

それが着火剤となり、私と彼の身体の関係が始まりました。

会う場所は私の家だったり彼の家だったりしました。

 

お互いのパートナーにバレないのかと思われるでしょうが、お互いのパートナーは仕事で忙しいため家に帰ってきても不倫相手が来ていたことには気づきません。

 

夫が長期出張の時に彼に遅い時間に来てもらって遅い時間に帰宅した夫を装ってもらっていました。

 

では彼の奥さんは怪しまないの?という疑問もあるかと思いますが、夫が出張でいない時は大抵彼の奥さんも自宅にいませんでした。

 

そんな偶然が重なるものかなと思っていた時に彼から奥さんが働いている会社名を聞いて驚いてしまいました。

夫と一緒にだったからです。

 

偶然が重なるものかなと考え始めた頃、彼と待ち合わせをしていた私は、夫が女性とホテルから出てきたところを見てしまいました。

 

その相手を見た瞬間、私は確信しました。

 

夫と腕を組んでホテルから出てきた女性は、何度か彼の家に行った時に写真で見たことのある彼の奥さんでした。

 

その二人を見た私は写真を取り、待ち合わせをしていた彼に見せました。

最初こそは驚いていた彼も私と同じ考えでした。

 

このまま、この写真の二人の関係を知らないふりをしようと。

 

私も彼もお互いを求めながらも不倫は良くないのではないかと思っていましたが、もう気にすることはないと私と彼は今でも愛し合っています。

 

しおり

過去のW不倫の相手は元カレでした。

 

元カレとは高校の時に付き合っていて、一年くらい付き合い別れました。

き合っている時期は、半同棲状態で、元カレのお母さんともすごく仲良くさせてもらっていました。

 

別れてからはお互いに、違う恋人ができました。

連絡を取ることはなかったけど、お互いに連絡先を消すことはしていませんでした。

そのうちにお互い結婚して子供もできて毎日バタバタ過ぎていく中で、ある時スーパーで元カレのお母さんに会いました。

 

そしたら、「あの子病気になったんだよ。」と言われ、詳しい話を聞きました。

その話をきっかけにメールしてみたら、返信がありました。

そこから、メールするようになり、「ずっと忘れられなかった。」と言われました。

 

私も心の中では気になる存在でいたので会うことになり、結果W不倫ということになりました。

 

お互いの家族を壊すまで、深入りはしないと決めていたので毎日会うとか連絡とるとかしないでも全然平気でした。

 

会う時も、人一倍気を付けながら会っていました。

 

罪悪感はもちろんありましたが、母としてではなく女として会えることが嬉しくてその時期はすごく楽しかったです。

 

今はもう別れましたが、すごくいい思い出です。


経験者だから分かる安心して使える出会い系サイト

ふりんちゅ!では、編集スタッフが実際に利用してみて経験上頼りになった出会い系サイトを紹介しています。

私たちの経験上、出会いの数も多く、目当ての男性と出会える確率が高いのが、以下で紹介しているように10年以上の実績があるPCMAXと、出会える確率74.5%のハッピーメールです。

創立10年以上の運営実績PCMAX

PCMAXの特徴

  • 女性は完全無料!
  • お試し気分でフリーメール・匿名での登録OK。
  • 年会費なし・登録無料。
  • 業者などを徹底排除!
  • もちろんサクラは一切無し。

※18歳以下の登録は禁止となっております。


累計登録数1600万人突破のハッピーメール

ハッピーメールの特徴

  • 女性の場合は登録も遊びも無料!
  • 出会えた確率が74.5%!
  • 年中無休24時間のサポート体制。
  • サクラ一切なしで12年の運営実績。

※18歳以下の登録は禁止となっております。

ハッピーメールは利用登録者数が日本No.1の有名サイトということもあって、不倫を一緒に理解してくれる男性と、たった1日で無料で出会うことができちゃいます。


▼是非応援ポチをお願いします!▼